え?矯正してたの?目立ちにくい矯正治療3選

ワイヤーを使わない矯正インビザライン

できればワイヤーを使わず、目立ちにくい矯正治療をしたいと思っていませんか。それならインビザラインがおすすめですよ。これは透明なマウスピースを口内に装着して矯正治療を行うもので目立ちにくく、痛みが少ないです。しかしマウスピースを汚さないようにするため食事するたびに取り外さなくてはなりません。スーパーでいきなり試食を勧められた時には困りますが、口内環境を清潔に保てるので虫歯になりにくくなります。ワイヤーが苦手な人にはおすすめの目立たない矯正です。

目立たないワイヤー矯正!内側ワイヤー矯正

ワイヤーを使った矯正治療を考えている人もできれば目立たない方法で矯正したいですよね。そこで歯の内側にワイヤーを装着する方法を検討してみてはいかがでしょうか。歯の内側にワイヤーを着けるので、口を開けたときでも矯正していることを気付かれにくくなります。「レセプション業務という仕事柄、目立ちにくいワイヤー矯正がしたい」などと思っている人は内側で矯正できないか歯科医院で相談してみても良いかもしれませんよ。

表面の治療が必要でも大丈夫!透明ワイヤー矯正

歯の状態によっては表面ワイヤー矯正をしなければならない人もいるかもしれません。そんな人でも気付かれにくい矯正が透明ワイヤーでの矯正治療です。歯科医院では透明ワイヤーを使った矯正治療を行っている所がありますので、透明ワイヤーでの治療を視野に入れてみませんか。表面ワイヤー矯正が必要でも気づかれにくいことに越したことはないはずです。特に仕事柄お客様対面しなくてはならない場合などにはこの治療法が活躍しそうですね。

差し歯などのオールセラミックは変色などの劣化が遅いので綺麗な状態を長く保持できる利点がありますが、口内環境を良好に保つためには噛み合わせや形状の調整を丁寧に行う必要があります。